ホームページは訪問者の顔が見える?

こちらの記事はweb集客中級?編のお話です。

突然ですが、
「ホームページやブログはどんな人が訪問してくるか分からない」と思っていませんか??

じつはホームページ(ブログ)は訪問者の顔が見えると言われています。

 

といっても、実際にどこの誰と顔が本当に分かってしまうわけではなく、
「どんな人がどこからやって来るのか」が
「アクセス解析」を設置することにより割と詳細にデータに残るので、戦略を練りやすいのです。

ホームページ・ブログでビジネスの宣伝をしたいのであれば、
漠然と動くよりも目標を持ち、
目標へ向うための戦略・計画を練っていく方が効率的かつ精神的な不安も少ないものです。

仮にうまくいかなかった場合も

・何が良くないのか
・どこを改善すれば良いか

がデータとして分析できれば、
次の手を打ちやすくなると思います。

PDCA…とまでは行きませんが、
ホームページやブログの運用も同じように行うことで
より良い方向へ進めると思います^^

アクセス解析はいろいろありますが、

本格的に取り入れたい方には
googleアナリティクス

がおすすめです。

検索エンジンの順位を決めているgoogleのアクセス解析です。

無料で作成&設置できます。

(今回の記事は設置方法は記載しておりません)

ホームページ・ブログを訪れる方は

・新規の訪問者が多いのか?

・リピーターの訪問者が多いのか?

も、丸わかりなので、どちらに比重がかかっているかで
ホームページでのアプローチ方法もいくらでも考えられます。

新規訪問の方が多いなら、新規の方向けのコンテンツを強化する。

逆にリピーター訪問が多いならもしかしたらお店のファンの方や、興味を持って下さっている方が多いかもしれない、と分かります。

自分では気づかない潜在的なニーズもわかります。

上記はほんの一部で、データから読み取れることは沢山あり
「これが原因でうまくいっていない」
と分かれば改善できる=より集客できる!?
かもしれません。

「ホームページ・ブログの訪問者=お客様の声にならない声」がたくさん分かってしまうアクセス解析(googleアナリティクス)利用しないのはもったいないです。