デザインは、あなたがお客様の事をどれくらい想っているか反映してくれます

起業して、
インターネットを利用した集客に良いのは

ブログ??ホームページ?

LINEでやり取りした方がいい?
Facebookもやった方がいい?

など、たくさんの情報や
お仕事仲間から「これがいいよ~!」と教えてもらって
試す事が多いと思います。

 

自分にとって使いやすいのか、
試してみないとわからないですよね。

自分で色々と作って行くと、
情報が混沌としてしまう…ということはないでしょうか。

「これもあれも、たくさん伝えたい!」

と盛りだくさんにしていくと、
かえって本当に伝えるべき情報が伝わらない、
ということは多々あります。

誰かが見ている、
その見ている人が自分の商品を買ってくれるかもしれない。

という可能性を、悲しいことに自ら摘んでいることもあるかもしれません。

その人にとって本当は魅力的で必要なことなのに…。

一方的に想いを「伝える」だけでは、
相手には「伝わらない」こともあると思います。

そこに起こるへだたりを上手く合わせられるのが、デザインです。

デザインとは「見た目をよくすること」だけではありません。

それは最後の最後の、最後の過程です。

例えば、自分磨きをする時は
外側を着飾ることも大切ですが、
内面も充実してこそ、
外側がよりきらきらと輝く…と思います。

それと似ていて、

デザインは情報を整理し、
起こっている問題を解決する方法を探すことからスタートします。

私がクライアント様のデザインを作る時は
見た目から入りません。

まず、誰に何を伝えたいのか、
どんな商品を販売したいのか、
今後どういう風に進みたいのか、
を聞いて行きます。

この想いが明確でない場合は、
まだデザインを作る段階ではないと思います。

逆に、ここが見えている時はデザインの作り時です!

目指す方向が決まっていると、自然と集客にも力が入って、
ブログやホームページなどに人が集まるようになりますよね。

=人目につくようになっている、と思います。

この時にあなたの想いがぎゅぎゅぎゅーっとつまっているけれど、
情報が整理されていて、
そして綺麗に着飾っていると、とても目立つのです。
(自分磨きが出来た!という状態です^^!)

「この人に買って欲しい!」

という人が集まり、
そして買ってくれる可能性がぐっと高まります。

「ただ存在している」ホームページやブログと
格段に差がつくのも、この段階です。

ここがブログとホームページをガラリと変える
絶好のタイミングなのです。